私はヘルニアの治療をしたことはありませんがよく、腰が痛むことがあります。その痛みは楽なこともあるし、ずっと長く続くこともあります。少しの痛みなら我慢をすることができますが、ぎっくり腰のような痛みになると、早急に対処することが大切です。今回ぎっくり腰となって、私が対処した内容について、ご紹介します。

・重たい荷物を持ちぎっくり腰になった
ぎっくり腰になるのは、人それぞれ原因が違うと思いますが、私の場合はほとんど重たい荷物を持った時に起こすことが多いです。その時、最初はそんなに痛くありませんがあっという間にどんどん痛くなります。そしてその後は、寝ることもできない、一度寝ると起き上がることができないとい、そんな状態になりました。

・ぎっくり腰の対処
ぎっくり腰になると、その時にやってしまったと思うことがありますね。よくなっていたので、そんな時には湿布をはることにしています。湿布を貼ると、その部分が痛みが楽になり歩くことができるのです。痛みが強い時には、消炎鎮痛剤を飲むこともありました。仕事に行く時には、それを飲んで行くことにしていました。

・その後の経過
ぎっくり腰になると、直ぐに治るということはありません。しかも年を取るごとに、より治りが遅くなります。最近では、早く治したいと思って整体院に行くこともあります。病院を受診しても、内服薬と湿布薬を処方されるだけと思っているので、行くことはしていません。

・治る時
ぎっくり腰は、私の場合はだいたい5日ぐらいで普通に歩けるようになりました。少しづつ痛みが軽減していくという、そんな感じで治ります。対処が遅れると、それだけ治りも遅くなるので休みの日になった時には、直ぐに整体院を受診するようにしています。すると、治りが早いです。また以前は安静にしたほうがいいと思っていたのですが、筋肉が固くなるような気がするので、そんなに絶対安静ということはしていません。

ぎっくり腰は、自分が意識をしていないふとした時に起こります。そのため、予防が大切ということですね。

PR|女性の生き方|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|童話|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|健康に役立つ口コミ情報|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|英語上達の秘訣|オーディオ|ショッピングカート|SEOアクセスアップ相互リンク集